統合

施設管理 2.0:

管理の次の波を開拓

施設管理を デジタル化時代をもたらします。
従来のFMソリューションでは、技術的発展を活用しませんが、私たちの施設管理ツールはまさにそれを活用させます。

技術的導入を企業戦略に連携させ、エイデンは企業利益を最大限にするネットワーク化ソリューションを提供します。 

 

タッチポイント、チャネル、デバイスの管理を可能にするFMソリューションの実装、移行、展開において、エイデンはクライアントをサポートします。FMデジタル統合の提供により、テクノロジーソリューションを統合し、最適化します。プロセスの合理化も行い、ビジネスが直面する最も複雑な問題に取り組みます。  

 

IFMソリューションは、プラットフォームに対する清掃用ロボットオプション、無人機ベースのセキュリティサービス、IoT 統合を含んでいます。ロールアウトは具体的なニーズに合うようデザインされ、統合プラットフォームを介して、手近なアクセスと管理を実現します。

 

会社の規模拡大に伴って、複数の部門、オフィス、さらには複数の国々に対する手順の統合管理がより重要になってきます。国境を超えた包括的な技術業務での豊富な経験によって、堅固で拡張可能な基礎を築いたエイデンには、ソリューション構築での専門の知識を有しています。規模拡大の準備が整った時、ここには共に規模拡大が可能なプラットフォームがあります。

実装順序:

プロジェクト開発

開発プロセスは、開始から共同で行います。透明性が弊社の大切にする本質の一つであるため、概念化から実装まで、私たちはプロジェクトのあらゆる段階でクライアントに通知し、心理的負担をなくします。

実施

実施プロセスは、バグを最小化し、一流品質のサービス提供を目的にしています。過酷なQ&Aテスト手順は業界標準に従っており、システムが初日から能力全開で作動することを保証します。

移行

新しい開発システムが正式サービスを開始する際、移行専門チームはベストなプラクティスに従って、プロセス中いずれのデータも喪失させることはありません。いったん新しいシステムがオンラインになると、チームはそのパフォーマンスをリアルタイムで監視します。

展開

ベストプラクティスによるクライアントとの透明なコミュニケーションを方針としているため、プロジェクト始動に当たり、仕様と時間を細かく記録します。